今日の出来事Hyper!
douji.exblog.jp
Top
その昔、南海ホークスというチームがあった
2005年 08月 20日 |
野球の結果が予想できる時期になりました。
私はソフトバンクというパリーグのチームを応援しているのですが、おかげさまで現在首位を走っています。
パリーグには「プレーオフ」という制度があり、「シーズン一位=リーグ優勝」というわけには行かないのですが、とりあえず現在1位というのは安心していられます。

ご存知の方も多いかと思いますが、このソフトバンクというチームは以前は以前は南海ホークスと言う大阪球場(大阪府)に本拠地のあったチームでした。ダイエーに身売りされ福岡の平和台球場というところに本拠地を移し「福岡ダイエーホークス」となり、その後福岡ドームに本拠地を移し福岡に定着。今シーズンからソフトバンクに買収され、「福岡ソフトバンクホークス」となりました。

私は福岡出身なのですが、実は南海ホークスのファンでした(年代ばれちゃうけど・・・)
私が南海ホークスのファンになったのは南海ホークスがなくなる数年前です。そのころはとても弱く、ロッテとともにパリーグのお荷物球団でした。今シーズンの1・2位が5・6位をしめていたというとこでしょうか(-_-;)

弱いチームのファンというのは不思議なもので、負けることには慣れっこになっています。負けてある意味当然、勝てばうれしいというすばらしく前向きな人たちです。
また、負けて当然とおもいつつも、優勝の可能性かゼロになるまで一応優勝の可能性も計算します。
シーズン中盤で15ゲームくらいはなされるのはざらなのですが、「1位が15連敗して、ウチが15連勝したら1位になるヤン」とか、無謀な考えを堂々と披露します(笑)
連勝できないチームだから最下位などということは頭の隅にも残っていません。
また、2~5位までのチームの勝敗など度外視!!

私も、そんなすばらしく幸せで前向きな人たちのうちの一人でした。

現在強くなったホークスをみつつよく思うのですが、勝ちに慣れてしまっている自分を感じます。
負けると戦犯を探す、腹が立つ、いらいらする・・・
心が狭くなったのかな。
仕事でストレスたまっているのかもしれません。

せめて野球を見るときくらい、どんな状況でも無邪気に応援していられた自分でいたいものです。
[PR]
by canbee-2nd | 2005-08-20 13:07 | ホークス |
<< 朝の風景 ページトップ 皇帝ペンギン >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Bridge Skin by Sun&Moon