今日の出来事Hyper!
douji.exblog.jp
Top
千葉マリンスタジアム
2006年 05月 07日 |
千葉ロッテマリーンズの本拠地です
公式HPはこちら
順番のためのシート貼り係員に確認要(だいたいダメ。なぜかOKのときあり。
ダメな時も日付変わればOKですが、付近住民でなきゃ実質無理)
徹夜での並びは不可・再入場可能・ジェット風船可
ビン・缶・ペットボトルは不可ですが、検査は甘めです。
屋根の無い球場なので、雨対策が必要。風が強いので春先や秋口のナイト
ゲームは防寒具が必要な場合があります。




交通
詳しくは公式HPをご覧ください。京葉線で東京→海浜幕張で540円
ほとんどの方が京葉線の海浜幕張を使用し、シャトルバスもしくは徒歩で
球場に向かうことになると思います。
東京駅で京葉線に乗り換える注意点として、 時間に余裕を持ちましょう!
京葉線東京駅とは名ばかり、一駅近く歩くと思ってもらってかまいません。最低でも
15分程度の乗換時間は確保しましょう。
シャトルバスは現金のみの支払い(バスカード不可です)

客席
外野自由席しかわかりませんが・・・
休日などはマリーンズ側はかなりのペースで埋まっていきます。ライト側
外野席で応援したい方は開門よりかなり前に行くことをお勧めします。
ビジター側はそれほどでもありませんが、休日は開門前には行ったほうが
いいでしょう。平日は比較的ゆったりとした環境でみることが出来ます。

中央通路を挟んで上段と下段に別れますが、どちらに座っても比較的観
易い構造です。かなり高い金網がありますので、下段の前の方は金網で
すこしみずらいかもしれません。ただし選手と同じ目線近くで観ることが
出来ます。
上段は遠くなるのが難点ですが、球場全体が見渡せる形になります。
いってみて好きな席に座ればいいのですが、雨模様のときは通路より上段
がいいかもしれません。風の方向にもよりますがひさしのしたになります
ので、雨にぬれる確立は非常に低いです。
ちなみにライト側(ホーム側)は風の関係か雨がふるとほとんどの席で
びしょぬれになるようです。

食事
周りはホテルと幕張メッセになりますので、ほとんど食事をするところはあり
ません。駅付近で購入するか、スタジアム内で購入になります。
コンビニは駅内にニューデイズ・スタジアムと反対側の出口をでて、ロータリーの
向こうにampmあり。
ちなみに駅から球場までの間にはコンビニありません(というか、しりません)
駅から球場側の出口をでたところに「プレナ幕張」というショッピングモールあり。
ロッテリア・パン屋さん・持ち帰り弁当やすしなどが購入できます。

球場内にも内野側にロッテリアあり。しかし若干高い値段になります。
外野席売店は3箇所。レフト・ライト側入り口を入ったところと、バックスクリーン
裏になります。バックスクリーン裏はビジター・ホームとも来ますので喧嘩し
ないようにしましょう(笑)
千葉マリンでは選手名のついたお弁当が有名ですが、これは1塁側内野席
裏でしか売ってないようです。ビジターの方は散歩がてら行ってみてください。
内野に入るときはフリーパスでいけますが、外野に戻るときにチケット確認
されますので、 内野側に行くときはチケットを忘れないように!

売店でのお勧めはバックスクリーン裏の「もつ煮込み」です。これ絶品。絶妙の
味付けです。ビールが進みますよ。

球場前広場には屋台が出ていることがあります。屋台のお勧めはタコス。
これいいですよ。値段は忘れましたので今度行ったとき確認します。

その他

交通の便がわるいにもかかわらず、かなりの数のダフ屋がいたりします。
問題ありなので、かうのはやめましょう。
夏場の試合では7回にはかなり気合の入った花火打ち上げがあることがあり。
ただレフト側外野席ではみるのはほぼ不可能。バックスクリーン裏やレフト側
入り口に見るための場所が設けられますので、そこで見ることが出来ます。
応援のユニフォームなどを着て相手側応援席を通過しようとするときに係員
などが脱ぐように注意してくれることがあります。注意喚起だけのときもありま
すが、実際に揉め事あった後の時もありますので素直に従いましょう。
[PR]
<< 交流戦 ページトップ 球場の歩き方始めました >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Bridge Skin by Sun&Moon