今日の出来事Hyper!
douji.exblog.jp
Top
開幕二連戦
2006年 03月 26日 |
土曜日に開幕したパリーグ。最初のカードを終えました。
わがホークスについて少し考えてみたいと思います。

二連戦の結果
一試合目
H7-2M ホークス勝利
先発斉藤がそれなりに好投し、勝利をつかむ。打線もつなぐ野球を実践し、
こつこつと点を入れることに成功。

二試合目
H9-7M ホークス二連勝
先発杉内はやるきなく絶不調。それなりに投げることが出来たのは収穫か。
打線はHR3本を含め、スモールベースボールを実践した結果9点を取る。
三瀬の登場は誤算。今期も使い物にならないかもしれない。

結果の詳細はここで確認してください。





城島・バティスタの抜けた穴は大きいが、王監督の目指す「スモールベースボ
ール」はこの二戦ではうまく行ったのではなかろうか。
1死からでも送りバント、その後タイムリーなど効率よく点を奪った。
HRもこの二戦でカブレラ、松中、ズレータに出るなど、クリーンナップ揃い踏み
で言うことナッスィング。
これから先133試合、なかなか点が取れないことも多いかもしれないが、野球
はある意味確立で点を取るスポーツ。地道な努力が勝利に近づくのではないで
しょうか。
川﨑がかえってくれば、もう少し得点力上がると思われます。

問題は投手陣とキャッチャーです。
さいとうかずみはそれなりに投げてました。馬原は二試合ともでてましたが、
今年もクローザーとして活躍しそうです。
杉内はなんかへろへろ投げてましたね。スポーツアイの悪評高い若菜氏によると
WBC使用球が余り手につかず、それで投球のバランスを崩し日本の球でも
しっくりこないとかなんとか言ってました。
本当かもしれませんが、いままで数十年投げてた球に戻しても調子戻らんって
のも問題ですよね。まあ、本当に調子悪かっただけなのかもしれません。

ただ、調子悪いなりに試合を作ってたのは評価できます。次回の内容に注目です。

もう一人の問題児投手は三瀬です。去年から何やってるのよ。ちょっとクローザー
は心配で任せられないです。自分が任せられないといっても、王監督が決めること
ですけどね。

捕手もちょっと心配ですね。打力はともかく、リードなら的場なんでしょう。しかし
今日のように的場の打力に難があるため、これから終盤に代打を出すことも多い
かと思います。その後のキャッチャーがいないですよね。接戦で9回などに若い
捕手を出す勇気があるか・・・これから悩むところだと思います。

二戦だけの感想などをつらつらと書き連ねました。まだまだ始まったばかり。今後
どうなっていくかはワカリマセン。三瀬も大化けするかもしれません(笑)

とりあえずは最初の二戦で二連勝した余韻にひたりつつ、火曜の2カード目を待ち
たいと思います。
[PR]
by canbee-2nd | 2006-03-26 19:17 | ホークス |
<< 今月のニュートン ページトップ パリーグについて >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Bridge Skin by Sun&Moon