今日の出来事Hyper!
douji.exblog.jp
Top
パリーグについて
2006年 03月 25日 |
Excite エキサイト :WBC効果熱パ到来、一躍全国区で空前の盛り上がり

WBCのおかげでパリーグが見直されてるそうです。
確かに活躍したのはパリーグ組多かったような気がします。読売って上原以外だれ
かいましたっけ?

注目され、ファンが増えるのはいいことです。パリーグの試合、応援などをみんなに
みてもらいたい。しかし心配事などもないわけではないです。

まず、人気が一時的ではないかということ。昔のイチロー人気のときのように一人で
人気を牽引する形ではないのでまだいいのでしょうが、人の興味は熱し易くさめ易い
ものです。少しでも多くの人がファンとして定着してくれることを願います。

後は応援方法についての問題ですかね。来る人が増えるにつれ絶対に議論がわき
おこります。そこでパリーグデビューの方へのアドバイスなどを。

これからパリーグの野球を見てみようという人は、外野の応援についてもある程度の
理解を願いたいものです。どんなに人気が無くても支え続けてきた人たちを追い出す
理由はありません。
値段が安いからといって外野のチケットを買い、家族連れで応援団の前に来ちゃった
りすると大変デスヨ。うるさいし、たって応援するし・・・自由席ではありますが、パリーグ
は外野全体が応援席と考えてくださいね。最初は少し高くても内野席をお勧めします。
外野をみてあそこ行きたいなと思ったら、つぎからそこにすればよいのです。
外野は応援、内野は観戦と考えればいいかもしれません。

あと、読売や阪神のように球場全体が一つのチームの応援という球団はほとんどあり
ません。そんなのは福岡ドームのホークスくらいでしょう。ちゃんと一塁側と三塁側の
応援したい方に回りましょう。これは内野でも変わりません。内野は観戦と書きましたが
こちらにも立って応援しないだけで内野にもユニフォームを着た熱心な人たちが大勢
います。
間違って違う方にまわってしまうと大変です。特に外野で間違うとヤバイです。
応援したいチームの方にちゃんと回って、一体感を感じつつの観戦は楽しいものです。
基本はホームチームがライト・一塁側で、ビジターがレフト・三塁側です。(札幌ドー
ムのみ逆だったとおもいます)

あまりいないかもしれませんが、パリーグのファンがいれば一緒に行くのがいいです
よね。いきなり外野席連れて行かれるかもしれませんが(笑)

セリーグと違う点も多いかもしれませんが、なれてしまえば楽しいものです。
なんにせよ高いお金だしてせっかく観戦に来てるんですから、新たにファンになった人
も古くからのファンも、みんな楽しい観戦をしたいですね。

一人でも多くの方が、一度でも現地でパリーグの試合を見てくれることを願います。

機会があれば、球場ごとのマナーなども書いていきたいですね。
[PR]
by canbee-2nd | 2006-03-25 20:49 | 野球全般 |
<< 開幕二連戦 ページトップ ついにきました >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Bridge Skin by Sun&Moon